ホーム » 観る » 神社・仏閣 » 玉若酢命神社

玉若酢命神社

隠岐の総社

隠岐三大神社の一つ

玉若酢命を主祭神とし、本殿は隠岐造りと言われ、随神門、旧拝殿、ともに国指定重要文化財に指定されています。毎年6月5日には、島後三大祭りの一つである「御霊会風流」が行われ、 馬入れ神事や流鏑馬などが行われています。境内には、「八百杉」と呼ばれる樹齢千数百年の杉の巨木が存在感を出しています。境内に隣接する「億岐家住宅・宝物殿」には、国指定重要文化財である【駅鈴2個】と【億伎倉印1個】が保管されている。

   

御霊風流会 馬入れ神事

祭礼のハイライトは、馬入れ神事である。八地区の神馬は、鳥居の前に待機し、大太鼓の合図と共に、狭い参道を拝殿めざして一気に駆け上がる。この馬入れにより、各地区の神々は集合したことになり、総社としての祭礼が始まる。

   
INFORMATION【基本情報】
名称 玉若酢命神社
名称(かな) たまわかすみことじんじゃ
住所 隠岐郡隠岐の島町下西713[地図]
TEL 08512-2-0571
アクセス 西郷港より車で5分
駐車場 あり
WC あり
MAP【地図】
PR
  • リゾ旅
  • 隠岐プラザホテル
  • リゾ旅

人気観光スポット

ローソク島

壇鏡の滝

岩倉の乳房杉

白島展望台

那久岬